MENU

引越しで必要な移転手続き、固定電話と携帯電話

引越し 固定電話 携帯電話

 

引越しで住所が変更することで、いままで使用していた固定電話の移転手続きをしなければなりません。固定電話の移転手続きと同時にインターネット接続の設定変更、プロバイダへの連絡などに連絡し、それまでの回線を解除するか継続するかいずれかの手続きをします。

 

また、引っ越しに伴う役所関係の手続きを完了したら携帯電話の住所変更手続きを行います。というように、引っ越しに伴って固定電話、インターネット回線、携帯電話と移転手続き、住所変更などそれぞれ手続きが必要です。

 

これら、忙しいなかで行うのは大変ですから一つひとつ確認しながら行うことが大切です。では、引っ越しで必要な移転手続きのうち、固定電話と携帯電話にしぼって見ていきましょう。

 

固定電話の移転手続きの方法

固定電話の契約は、ほとんどがNTTですね。NTT東日本かもしくはNTT西日本が一般的ですから固定電話の移転手続きは、電話で「116」にか。けて手続きします。ただし、固定電話からは「116」ですが携帯電話からは以下の番号へかけます。

  • NTT東日本0120-116-000
  • NTT西日本0800-2000-116

年末年始を除いて土日や祝日も対応しています。取り外しと取り付け工事の希望日を聞かれても応えられるようにしておきましょう。

 

引越し繁忙期の3月や4月、9月や10月は工事も数が入っており日程が取りにくいので、日程に余裕をもって引っ越しが分かった段階で連絡を入れましょう。

  • 契約者名義
  • 電話番号
  • 転居前の住所
  • 新居の住所
  • 取り外し希望日(引っ越し当日)
  • 取り付け希望日(引っ越し当日)
  • 移転工事日の設定、予約

移転工事は予約でしか受け付けないので早めに連絡しておきます。戸建への引っ越しなどまだ電話線が引かれていない場合は、立会いが必要ですが、集合住宅や賃貸などすでに電話線が引かれている場合は立会い不要です。

 

この場合の料金は、電話線が引かれている場合は2,000円程度でまだ引かれていない場合は10,000円ほどかかります。

 

また、固定電話では転居前の電話番号にかけてきた人に、3か月ほど引っ越し先の電話番号をお知らせしてくれる無料サービスがあります。なかなか転居の案内をしきれないなどの場合は利用するととても便利です。

 

市区町村外への転居は電話番号を新しく取得するので、転居案内にも記載することからも早めに手続きをして間違いないでしょう。新住所で使用可能な電話番号の候補をいくつか尋ねられます。

 

そのときは、気に入った番号を選びます。新しい番号は記録しておき、すでに使用出来るのかどうか携帯電話からかけてみることをおすすめします。ここまで手続きを完了していれば、転居後の新居でケーブルを指し込めば即時固定電話が利用出来ます。

 

その他の回線利用者

その他の固定電話回線業者を利用している場合も、同じように移転手続きをします。インターネットからでも電話でカスタマーセンターに問い合わせての手続きも可能です。

  • ソフトバンクテレコムおとくライン
  • KDDIメタルプラス電話

これらの回線も移転手続きします。ソフトバンクテレコムは、同一通信事業ですが会社は別会社ですのでソフトバンクショップに行っても手続きは出来ません。

 

携帯電話の住所変更手続きの方法

携帯電話の住所変更手続きを行います。固定電話に比べて、携帯電話の住所変更は多少遅くなっても利用には影響がないので、各種手続きなどが落ち着いたころ連絡を入れれば大丈夫です。

 

ただ、請求書が新住所にちゃんと届くように住所変更手続きはしっかりと済ませましょう。よくに請求書で支払いをしている人は注意しましょう。タイミングがずれてしまうと未払いになってしまいますから。

 

いずれの会社もパソコンや携帯電話からインターネットで手続きを行うことが可能です。ショップの窓口でも変更可能ですが、窓口の場合は本人確認書類が必要などからインターネットからの手続きが人気です。

 

電話でも手続き出来ますが、ドコモショップは料金明細サービスを利用していない人に限定して受け付けています。ソフトバンクはどなたでも電話で手続き可能です。

 

最近では、固定電話を持たずに携帯電話のみで生活している人も多いため携帯電話の手続きだけの人が増えてきました。見落としがちな携帯電話の住所変更届けはしっかりと済ませましょう。

 

インターネット回線とプロバイダ移転手続き

固定電話の移転手続きと同時に、インターネット回線とプロバイダの解除または継続で移転手続きをしなければなりません。いずれの手続きをしないと、引越し後インターネットが使えない状況になってしまいます。

 

インターネット回線とプロバイダに早めに連絡をいれましょう。引っ越し日を伝えて、解除と開線工事日程を調整しスムーズにインターネットが使用できるよう早めに連絡を入れる必要があります。

 

プロバイダは、地域によって使えないなどといったことも発生しますから注意しましょう。とくに仕事でインターネットの環境が必要な人は早めの相談をおすすめします。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ