MENU

これで完璧!引越しにおける審査の判断基準とは?

引越し 審査

 

引越しが決まって、お部屋探しをする際に入居審査というものがありますが、難なく審査に通ればよいですが、入居審査に通らなかったら住まいを借りることが出来ません。

 

ある程度、入居審査に通る人と入居審査に落ちてしまう人には明らかな特徴の違いがあるようです。ここでは、引っ越しにおける入居審査を見ていきましょう。

 

入居審査とは?

不動産屋でお部屋が決まって、賃貸契約の申し込みをしたらそのあとにあるのが入居審査です。不動産会社や大家さんがこの人に安心してお部屋を貸せるのだろうかといったことを判断したいのです。

 

家賃は滞納しないだろうか、近隣住民とトラブルを起こしたりしないかどうか、騒音などの迷惑行為はないだろうか、部屋を汚くしないだろうかなどといったように借りる人が信用出来るかを審査します。

 

この入居審査に通らなければ、部屋を借りて住むということは出来なくなってしまいます。では、どういったことを基準に審査されるのでしょうか。

 

入居審査での判断基準とは?

入居審査の項目は以下の通りです。

  • 年収、収入の安定性
  • 職業、勤務先、勤務形態
  • 連帯保証人
  • 人柄、服装、言葉づかいなどの見た目

名前、現住所、年齢、電話番号、勤務先、勤務年数、年収といった情報を提供します。これらのなかでも一番重要視されるのが、やはり年収ですね。年収とそれの安定性、長期にわたってその年収が続くかどうかを知りたいのです。

 

会社員、公務員のように安定した収入がある人は有利ですが、派遣や契約社員、アルバイトやフリーランスなどといいった形態で仕事をしている人は不利です。年収が高いだけではなく、長期にわたりこの年収が続くかどうかということが最も重要視されます。

 

そして、大家さんなどが収入と同じぐらい重要視したいのが人柄や身だしなみです。近隣住民とのトラブルは絶対に回避したい大家さんや不動産屋にとって人柄などはとても大事な審査基準です。

 

入居審査を受けるときに必要な提出書類は、不動産会社によって異なります。本人の収入証明と印鑑証明、連帯保証人の収入証明と印鑑証明、同意書などを提出します。

 

信頼出来る不動産屋との共同作業

ここで、信頼出来る不動産屋さんは年収で入居審査に引っかかりそうな物件は紹介しないといったことですね。入居審査が通りそうな物件を見つけて提案してもらいます。大家さんに伝えるときも、審査が通るような工夫をして年収を伝えてくれます。

 

年収に見合った最適な物件を紹介してくれる、そういった信頼出来る不動産会社でなかった場合、また年収を伝えるときも審査に落ちないような工夫をしてくれるような不動産会社ではなかった場合は落ちてしまいます。

 

同じように、大家さんに交渉してくれる姿勢がなく年収をそのまま伝えてしまう不動産屋に相談していた人は落ちます。本気で借りたいときは、信頼おける不動産会社とタイアップして、住まいを借りられるように工夫してみましょう。

 

入居審査に落ちる人の大きな特徴とは?

  • 物件の家賃と収入が見合っていない。
  • 支払い能力に疑いがある。
  • クレジットカード滞納中、もしくは滞納歴がある。
  • 他人が連帯保証任である。
  • 見た目の印象が極端に悪い。
  • 水商売や派遣社員などと安定しない職業である。
  • 要領の悪い不動産屋、信頼出来ない不動産屋に依頼してしまう。

以上のような項目が、落ちる人の大きな特徴となって現れます。

 

支払い能力の有無の判断基準

その人の年収に対して、支払い能力があるかどうかの判断は以下の家賃料の基準は、年収を36で割った額とされています。この額が希望する物件の家賃プラス管理費を上回っていない場合には支払い能力があると判断されます。

  • 年収220万円 約6万
  • 年収250万円 約6万8千円
  • 年収360万円 約10万円

このように年収360万円の場合は家賃10万円以下の物件だと支払える金額になります。

 

保証会社による審査項目とは?

物件によっては、条件として「保証会社必須」といった新しい条件を付けた物件もあります。この場合で、連帯保証人を立てられない状況だとしたらまず借りることは出来ません。

 

また、クレジットカードで家賃を払える物件なども出てきていますので、保証会社必須の条件物件でクレジットカード支払いが可能かどうか確認する必要がありますね。

 

オリコは代表的な信販会社ですが、オリコのシステムを導入している不動産会やが増えているのでこのような不動産屋は大丈夫でしょう。保証会社による審査項目は以下の通りです。

  • 年収に対する家賃料
  • 敷金・礼金の有無
  • 職業と勤務先、年収
  • 年齢
  • 緊急連絡先
  • 身分証明書の有無
  • 滞納履歴の有無
  • 引っ越し事由

また、連帯保証人が信用出来る人かどうかも審査対象になります。連帯保証人として立てられるのは両親、祖父母、兄弟、上司、友人などですが、親、祖父母、兄弟以外の連帯保証人は審査が通らないと言って良いでしょう。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ