MENU

引越しに際して欠かせない転出届について

引越し 転出届

 

引越しする前に必ず手続きを済ませておかなければならないのが「転出届」です。別名、住民移動届とも言いますが引っ越しが決まったら早めに手続きを済ませたいものですが引っ越し予定日の14日前から1週間前までには転出届の手続きを済ませましょう。

 

転出届を出すことから始まる引っ越しですが、この転出届について見ていきましょう。

 

転出届の手続き方法とは?

転居前の現在、住民票がある市区町村役所に転出届を提出します。それと引き換えに、窓口で「転出証明書」を発行してもらいます。この「転出証明書」は転居後の新居のある市区町村役所に転入届の手続きをする際に併せて提出しますから、引っ越しの最中は大事に保管しておきます。

 

引っ越し先が同一市内の場合は、転出届の手続きはしなくて大丈夫です転出届は不要で、転居後に「転居届」を提出します。転居届は引っ越し完了でなければ受け取ってもらえないので、必ず転居後に役所窓口に出向きましょう。

 

勤務や学区域などなんらかの事由で住民票を変更したくない場合があります。提出の時期を遅らせることやそのまま実家に置いておくなどのニーズに応じて転出届の手続きを不要にすることもあります。

 

市区町村によって、申請期間が異なります。地域によっては2週間前からしか受け付けないなど決まりがありますから、役所に問い合わせ確認しながら手続きを進めるようにしましょう。

 

必要な書類とは?

運転免許証やパスポートなど身分を確認出来る証明書、印鑑、国民健康保険証

 

転出届は代理人申請が可能

どうしても本人、世帯主が役所窓口に行けない場合は代理人に手続きをお願いすることが可能です。代理人が手続きを行う場合は、委任状が必要です。

 

郵送でも可能な転出届の手続き>

平日の昼間しか開いていない役所へは、勤務時間の関係などでなかなか出向くことが出来ない場合は郵送で転出届を提出出来ます。現住所のある市区町村役所のホームページから郵送用の転出届をダウンロードし、プリントアウトします。

 

必要事項を記載して、運転免許証などの本人確認書類とともに、返信用封筒に切ってを貼ったものを同封して現住所の役所に郵送します。

 

転出届手続き手数料

転出届を提出するのにかかる手数料は無料です。郵送による手続きも基本的に無料です。この場合は返信用封筒と切手の代金が実費かかります。

 

転出届を出した後に引っ越しが中止や延期になったら

引っ越し予定のために転出届手続きを行い、「転出証明書」まで受け取ったにも関わらず引っ越しが急に中止になるといったことはよくあることです。

 

この場合はこの転出証明書を持参して「転出中止」の手続きを行います。転出届を出している状態では、住所が無い状態ですからこの転出中止手続きを行わない限り、自分の住所がない住所不定者になってしまうのでなるべく早めに手続きを行いましょう。

 

マイナンバーカード・住民基本台帳カード

マイナンバーカードや住民基本台帳カードの交付を受けている人。転出届手続きをする際にマイナンバーカードも持参して窓口で問い合わせたうえで必要手続きを行ってください。

 

転出届が転居後になってしまった場合

転出届は引っ越し予定日よりも2週間、少なくても1週間前に済ませるのがベストだと明記しましたが、うっかり忙しくて窓口に手続きに行けなかった場合は転居後2週間以内に提出することで転出証明書を発行してもらえます。

 

転出届の申請期間が2週間前から引っ越し当日までと定められているので、可能な限りはこの規定に則って手続きを済ませましょう。

 

転出証明書を受け取って新居への転入届が出せるので、手続きスケジュールがかなりタイトになってしまいます。引っ越しはやることが盛りだくさんで大変ですが、転出届を忘れずに出すようにしましょう。

 

転出届と同時に済ませたい引っ越しにおける手続き

転出届の手続きを済ませたら、その足で済ませておきたい手続きがいくつかあります。

  • 国民健康保険住所変更届け
  • 国民年金の住所変更届け
  • 乳児医療助成金手続き
  • 子ども手当、児童手当、子ども医療受給者証の住所変更届け
  • 老人医療、敬老年金の住所変更届け
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 各種医療費受給者証
  • 介護保険被保険者証
  • 印鑑登録の廃止手続き
  • 介護保険
  • ペットの引っ越し手続き

など以上の、役所関連の手続きは転出届を提出しに役所に行ったときに一度に済ませられたらとっても効率的です。ほとんどの手続きに転出証明書が必要です。この転出証明書をなくさないように保管することも大切です。転居14日前から手続き、発行が可能です。

 

これら引っ越しに際する役所関連の手続きを計画的に行うために、引っ越し準備のタイムスケジュールをしっかりと調整する必要がありますね。一度に済ませられると、役所へ出向くのも一度で済みますから時間、労力ともに短縮出来ますね。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ