MENU

意外と高額!?引越し費用が足りずにローンでお金を借りるとき

引越し ローン

 

引越し費用は思いのほか高い費用がかかります。引っ越しの総費用は、引越し業者に渡る現金だけではありせんね。引越し自体にかかってくる費用とは別に、賃貸契約時にかかってくる費用、引っ越し当日に出ていくお金があります。

 

ここでは、引っ越しに際してかかる費用とさらに足らなかったときにローンでお金を借りるといったことを見ていきましょう。

 

引っ越しにかかる総費用

賃貸契約時にかかる費用

物件が見つかって入居希望が通りいざ賃貸契約をする時点でさまざまな費用が発生します。

 

敷金

退去する時に原状回復費用、家賃滞納時にあてる費用といった意味があります。

 

礼金

大家さんへのお礼金ですから、これは退去時には戻ってきません。

 

仲介手数料

不動産会社に渡す仲介手数料。

 

前家賃

翌月分の家賃前払い。

 

日割り家賃

月の途中で入居の場合は、月の残りの家賃を日割りで支払います。

 

保険料

入居中のなんらかのトラブルにおける損害保険。

 

引越し当日にかかる費用

  • 引越し業者に渡す現金
  • 近隣住民への挨拶品
  • 手伝ってくれた友人などへのお礼
  • 引越し当日の昼食代、飲み物代

以上のように、引っ越しには高額の費用が発生してしまいます。賃貸契約時にだいたい相場が分かるはずですから、その時点でちょっとお金が大変だなと感じたら引っ越しローンも念頭において計画を立てるようにしましょう。

 

しかし、今一度ローンを使わずに安く抑えて引っ越しが実現しないか検討し直すことも大切ですね。

 

引越しを安く済ませる工夫

  • 自力で引っ越し出来ないか検討する。業者との比較も欠かさずに。
  • 信頼出来る不動産業者に安い物件や安い引っ越し業者を紹介してもらう。
  • 引っ越し業者を複数社見積り取る。
  • 挨拶品はネットを利用して大量品を安く手に入れる。
  • 引っ越し準備のスケジュールに余裕を持たせる。

今一度、引っ越しの流れとかかる費用の工夫をし直してみましょう。自力での引っ越しと業者を利用しての引っ越しのかかる費用を比べてみても良いでしょう。

 

それでもローンを利用したい

それでもお金に余裕がなくて、ローンを利用したい人はローンの利用内容と計画をしっかりと立てるようにしましょう。だいたいいくらとか、おおざっぱな計算ではなく数字で出して引っ越しに一体いくらかかるのかを算出します。

 

そして、引っ越しに費やせるお金がいくらなのかを割り出します。ファミリー引っ越しならば、家族でどの部分を協力し合えるのかコミュニケーションを良くとり省ける無駄を最大限に省くことが節約につながります。

 

ただ、引越し専用カードローンなるものはありませんから個人のカードローンを利用するしかありません。即日融資可能な消費者金融系のカードローンに申し込み、審査をお願いする方法、または安心な大手銀行系のカードローンに申し込み、審査をお願いする方法、あるいはクレジットカードのキャッシングサービスを利用する方法とローンを利用するにもさまざまです。

 

気を付けたいのは、金利と返済期間ですね。よく、カードローン会社の規定をよく読んで把握しておくことが大切です。借りたお金は返していかなければならないので、そのことを良く理解しておきましょう。

 

借りやすいカードローン

  • 即日融資可能なプロミス
  • WEBで申し込みが完結するアコム
  • WEBで申し込みが完結するモビット
  • 東京三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
  • みずほ銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン
  • ネット銀行系のセブン銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン

以上のカードローンが借りやすく、返済しやすい便利なカードローンとして挙げられます。いまは、セブンイレブンなどのコンビニエンスストアのATMで借入や返済が随時可能ですから大変便利です。24時間可能な点も大きなメリットです。

 

これらは多目的ローンとしてサービス提供していることからも、引っ越しが理由のローン利用でも有効です。

 

引っ越しのための資金として借りるとしても、申し込み、審査から契約、借入までには数日から一週間ほどかかることがあります。物件契約や引っ越し当日までの日数に余裕をもって申し込みを行うようにしましょう。

 

やっぱりおすすめ銀行カードローン

来店不要、審査が通りやすく銀行によっては当日融資が可能な銀行カードローンがおすすめです。仕事が忙しくて銀行まで行けなくてもWEBで審査依頼出来ます。

 

銀行カードローンは、使用目的を限定されないので借入しやすいと定評があります。そのなかでももっとも低金利で人気なのがイオン銀行カードローンBIGです。実質年率が3.8〜13.8%と銀行系カードローンでは最も低金利です。

 

収入証明書が不要で資金用途が自由、担保や保証人が不要です。コンビニのATMでの借り入れ、返済も自分のペースで行うことが出来るので非常に使いやすいカードローンです。

 

このように、引越しでは収入にプラスした余分な引っ越し費用が必要です。十分に費用がない場合は、カードローンなどを活用しても良いでしょう。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ