MENU

タワーマンションへの引越しは費用が割高?

引越し タワーマンション

 

高層のタワーマンションへの引越しは、少し緊張感がある引越しなのではないでしょうか。高層階までの荷物の搬入が大変そうな印象を受けるが、実はタワーマンションの引っ越しは、停車したトラックからエントランスまでの距離が相当あることが多いようです。

 

トラックからエントランスまでの距離が長くて、通常のマンションやアパートの引っ越しに比べて倍以上の時間を要してしまいます。時間をかけるか、人員を増やすかといったことになりかねません。

 

とくに新築のタワーマンションはそれ以外の緊張感と労力を要します。ここでは、タワーマンションへの引っ越しにおいての注意点を見ていきましょう。

 

タワーマンションは引越し費用が割高に

トラックからエントランスの長距離に料金がかかる

以上のように、停車しているトラックからエントランスまでの距離が長いなど敷地が広いことから搬入だけでも作業人員もしくは長時間を費やします。このエントランスまでの距離による労力にどうしても割増料金を請求されてしまいます。

 

この距離が見積りに影響してくるとは、物件選びの段階ではだれもが予想しないことでしょう。

 

エントランスの養生にお金がかかる

また、エントランスが大理石やレザーのソファなど高級使用になっているためにエントランに養生シートを覆わなければなりません。通常の引越し時の養生範囲に比べるとまだまだ広範囲による養生シートをします。

 

その分、さらにその分の時間と資材が必要になります。高層階へ移動するのも、エレベーターを2つ乗り継いで40階以上の階へ移動します。その分エレベーターの待ち時間と荷物を運びこむ、上層への移動と上に上げるだけでも時間がかかります。

 

高層階へのクレーンの料金が高くなる

高層階へ大型家具を運びこむ場合、もしエベレーターや通路が通れなかったらクレーンを使用して高層階まで運ばなければなりません。この高層階へのクレーン利用が膨大な費用と跳ね上がります。

 

ピアノなどもクレーン車で運ぶことになります。引っ越し業者によっては、クレーンサービスがない業者もあるのでこの場合は別途クレーン車を依頼しなければなりません。

 

マンションによっては、大型家具などの荷物専用エレベーターが設置されている場合があるので、事前に荷物の搬入経路を伝えるなどの打ち合わせがとても重要です。荷物専用エレベーターがあれば、大きすぎて搬入出来ないといった事態は免れますね。

 

見積りの時点で、高層のタワーマンションへの引っ越しということを明示して、何が割高料金になってしまうのか、どういった工夫で安価に抑えられるのかを相談すると良いですね。

 

タワーマンションへの引越しはトラブルに注意

タワーマンションと高層であるといった違いだけなのに、通常の引っ越しと比べて注意を払う点がたくさんあります。タワーマンションの特徴でもある、1階エントランスには必ず養生シートを張る必要があります。

 

万が一養生せずに、あるいは養生シートが切れていた箇所に傷などを付けてしまったら損害賠償請求が発生します。タワーマンションの管理会社から、傷の修繕費用を請求されます。この費用を引っ越し業者がしっかりと持つといった事前の見積り書の把握と確認が非常に大切です。

 

その保険は見積りのなかに組まれているはずですから注意しましょう。また、タワーマンションへの引っ越しは、管理会社が提携している引っ越し業者を利用するように指定されることもありますから、よく管理会社に確認して引っ越しプランを丁寧に立てましょう。

 

タワーマンションへの引越しに際して、引っ越し業者を選ぶならばタワーマンションの引っ越し実績と経験がある業者を選ぶことをおすすめします。

 

タワーマンションでの作業経験が浅い業者に依頼してしまうと、タワーマンション特有の事情や規定に疎く、トラブルが発生するなど引っ越し作業時間が長引きその日に終わらないといった事態を引き起こしかねません。

 

タワーマンションには細かな規定がある場合が多く、荷物搬入時間やら搬入経路などの指定があることもあります。これらをしっかりと守り、搬入可能時間内に作業を完了できるような業者を選びましょう。

 

タワーマンションへの引越し費用を安く抑えるコツ

タワーマンションへの引っ越し自体が、通常より割高になると捉えると良いですね。しかしそんな中でも安く済ませられるのならば安く、お得に抑えたいものです。割増料金が増えないように事前に準備することは可能です。

 

たとえば、余分な物を減らすことや分解出来ない家具などは思い切って処分するなどが考えられます。荷物の増減は自分たちで調整できるので、倍以上かかってしまう引っ越し作業に対して時間短縮、労力短縮につながることがあります。

 

無理に処分するということではなく、見積りの時点でどういった工夫が出来るかをよく相談しましょう。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ