MENU

引越し代を安く抑えるなら見積もりは必要不可欠!

引越し 見積もり

 

引越しにおける費用は、いずれにしても安く抑えたいものですね。引越しをする場合は引越し業者に見積りを取ってもらうというのが一般的ですね。見積りは、1社ではなく必ず数社に取ってもらうことをおすすめします。また、見積り方法もネットを利用したりと様々です。

 

より安く出来る可能性があるので見積りを取ることは非常に大事なことです。では、引越しにおける見積りを見ていきましょう。

業者によって引越し費用に差が出てしまう

この見積り依頼を含めて、引越し業者の紹介を不動産会社などに仲介してもらうのも一つの方法です。この場合は、不動産会社の仲介による割安料金が期待出来ます。

 

しかし、引越し費用に関しては引越し業者によって大きく差が出てしまうのが現状です。引越しにおける見積り料金は引越し業者によって算出方法が違うことからも、統一された料金設定がありません。

 

よって、それぞれの業者に見積りを依頼して、引越しにかかる料金を比較検討する必要があります。それとは別に、数社それぞれに引越し業者に連絡し見積りを取ります。荷物の量や引越し距離など何度も同じ説明が必要ですが、各社それぞれに状況を伝える作業が必要です。

 

業者に依頼する作業の内容を確認し合い、オプションサービス料金なども算出してもらい金額、内訳が記載された見積書を取ります。この見積り書に記載がない作業が増えると追加料金を取られるといったことですね。

 

引越し当日になって、記載していないオプションサービスなどの作業で追加料金が発生するといった問題が非常に多いのが現状です。これは、双方の認識不足からくるものですから、事前によくコミュニケーションを取るようにします。

 

以下の内容が引越し見積り書の記載項目です。

  • 依頼人氏名、住所、電話番号
  • 荷受人氏名、住所、電話番号
  • 荷物運搬日、受け取り日
  • 荷物の量と種類
  • 料金の支払い方法とタイミング
  • 引越し業者の作業内容確認
  • その他、付帯サービス

見積り書からさらに値引きの可能性

見積書からさらにお安く抑えたい場合は、引越し当日の追加料金に注意しなければいけません。見積り書の作業内容と金額が明確に記載されている場合は、それのみの作業に留める必要があるために、よく業者側とコミュニケーションを取ることが大切です。

 

家の状況や荷物の状況、周辺道路の状況など詳細に伝えることで、突発的なアクシデントに物や作業によって追加で対処するといったことが格段に減ります。

 

エレベーターがあるのかどうか、人手がいるのかいらないのか、道幅が狭くてトラックが通れるかどうかなど詳細に伝えることで金額が明確化されます。金額が明確になると、料金交渉がしやすくなるので大事ですね。

見積り方法

引越しの見積りを依頼するのに、電話による見積り、訪問見積り、ネットでの見積りと三通りあります。電話による見積りは先にも挙げましたが、電話で引越しの現状と詳細を業者に伝えます。

 

荷物の量と大型家具や大型家電の数と高さ、横幅など詳細に伝えます。すべてのことを電話で伝えたのちに、料金見積りを出してもらいます。電話による見積りは、電話口でしかやりとり出来ないので前もって家具の量や荷物の量を把握してメモなどをしておくとスムーズに業者と打ち合わせが出来ます。

 

次に、訪問見積りですが、引越し業者が家に来て実際に荷物量や家具の大きさと数を見ていきます。荷物量によって、作業内容や作業必要人員、段ボールの数などの細部にわたって正確な料金見積りを割り出してもらうことが出来ます。

 

あとは、数社を一括して見積もってくれるインターネットサービスによる見積りです。手軽に短時間で見積りを済ませたい人や忙しい人、早く業者を見つけたい場合などにはとても便利なサービスです。

 

一括で比較してくれるので、最安値業者をすぐに見つけることが出来ます。インターネットサービスサイト利用の特典などが充実していることと、24時間無料でサービスを受けられるのでお仕事などで忙しい方にもおすすめです。

 

一括比較と見積りで引越し料金が安くなるといった、サービス利用による引越し料金の更なる割引が可能なサイトもあるのでお得です。

見積り依頼で必要な情報

  • 引越し日と時間を聞かれます。搬出日と搬入日を決定し業者が訪問する時間を決めます。
  • 引越し作業時間の設定。作業開始と終了時間を決めます。
  • 転居前の住所と転居後の住所
  • 住居の詳細な環境、戸建てやマンションなどの建物のタイプと間取り、エレベーターの有無とサイズなど。
  • 家具や荷物の種類と大きさ、数量
  • 処分品の有無、粗大ごみから引越しによるごみ処分など
  • 梱包、開梱、エアコンの取り付け、取り外し作業などオプションサービス申請

以上の情報を、業者に提供し引越し当日の作業内容を双方で決めていきます。見積りを数社取って比較検討する場合は、その分日数が必要です。また、見積り後に業者決定を即決しないことをおすすめします。数日かけて比較しながら検討すると良いでしょう。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ