MENU

意外な盲点!引越しにおける単身パックと単身プランの違いと利点

引越し 単身パック

 

はじめての一人暮らし、転勤、単身赴任、住み替えなどの引越しの事由はさまざまです。年間の引越し件数の約半数以上が単身者の引越しということが分かっています。

 

単身の引越しは、非常に荷物が少ないために利用者は極力費用を安く済ませたいといったニーズがあります。このニーズにこたえるため、また顧客確保のために引越し業者は競って「単身パック」サービスを打ち出しています。

 

ここでは、引越しにおける単身パックを見ていきましょう。

単身パックといえども業者によって料金が違う

単身パックは、安価で手軽にといったサービス提供で人気ですが、実は引越し業者ごとに単身パックで運べる荷物の量とその料金設定がそれぞれ違います。

 

単身パックといって安心しきって、業者に任せきり、業者選びを怠ると安いと思い込んでいただけで実際はしっかりお金がかかるといった状況を生み出してしまいます。出来るなら、業界最安値で引越しを実現させたいわけですから各業者の単身パックの費用相場、料金設定などを比較することが大切です。

 

インターネット比較サイトで、単身パックや単身プランなどと提示して見積りを出してみましょう。複数社の見積りを取ることで、業者による料金設定の差が明白にわかるでしょう。

単身パックと単身プランの違い

単身パックと単身プラン、とても似ている呼称ですが業者によってさまざまです。業者によって異なるのは、日通が「単身パック」の商標を所有しているからです。

 

1989年に日通が、コンテナボックスを利用した単身パックを単身引越し向けに提供開始し、2004年「単身パック」が商標として登録されました。よって、「単身パック」とは日通だけが使用できる名称なのです。クロネコヤマトは「単身引越サービスパック」と称しています。

 

一方「単身プラン」はコンテナボックスに荷物が載りきらない人が対象で車両を借り切って運送するチャーター運送です。荷物の量で車のサイズを決めます。少量の荷物には軽トラやバンなど、大量の荷物には1.5tトラックで運送します。

単身パックのメリット&デメリットとは?

単身パックのメリット

単身パックの料金は、コンテナボックスの大きさで決定されているので事前の見積りが必要ありません。コンテナボックスに乗り切れば追加料金は発生しないのです。

 

そのコンテナボックスを混載することで、さらに格安に輸送出来ます。複数の依頼主の混載便にすることははるかに引越し費用を安く抑えることが出来ます。

単身パックのデメリット

コンテナボックスに載りきらない場合は割高料金になります。単身パックはコンテナに入りきった荷物を輸送するから割安なので、入りきらないと追加で荷物輸送を依頼しなければなりません。そうすると、かえって高く付いてしまいます。

 

単身パックは、段ボールの無料提供サービスがないので自分で丁度良い段ボールを調達しなければなりません。荷物はコンテナに載せるわけですから、コンテナボックスに丁度合うような段ボールを探さなければなりません。

 

コンテナボックスの長さと段ボールの長さの関係でちょうど積み切れるような段ボールを集めるのは一苦労です。この段ボールの無料提供、および回収してもらえないということが単身パックの唯一のデメリットでしょう。

単身パックでの引越し準備方法

家具や家電などは引越し当日に、業者の作業員が梱包してくれますので自身での梱包、荷造りをする必要はありません。コンテナに積めるだけの状態に、梱包しておくのは引越しの前日までに済ませておきます。

 

カラーボックスなどの収納ケースは服や物を入れたまま運送してもらえるのでとても便利です。入れたままといっても、引き出しに詰め込みすぎて重くなってしまっては持ち運ぶことが出来ません。

荷物の受け取り指定

単身パックの荷物は、宅急便の荷物の受け取りのように受け取り時間を指定することが可能です。4つの時間帯から選べるので、変わらず生活を送りながら引越しを進めることが出来るのは有難いですね。

単身パック・単身プラン業者一覧

  • 日通「単身パックS」
  • 日通「単身パックL」
  • クロネコヤマト「単身引越サービスパックmini」
  • クロネコヤマト「単身引越サービスパック」
  • ハトのマークの引越センター「子鳩パック」
  • ハトのマークの引越センター「青春引越便」
  • 三八五引越センター「シングルパックM」
  • 三八五引越センター「シングルパックL」

単身パックで運送出来る大物荷物

折りたたみ式ベット

普通のベットや組み立て式ベットは長いので不可能ですが、折りたたみ式であればコンテナに積めます。

自転車

こちらもコンテナボックスに載るサイズであれば積めることが出来るので運送可能です。

冷蔵庫

2ドアタイプであれば配送可能です。だいたい170p以下のものであれば日通の単身パックで配送可能です。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ