MENU

引越しする時期を間違えたら大損!?引越しに最適な時期とは?

引越し 時期

 

引越しの時期といえば、別れと出会いの季節3月、4月頃が一番多いですね。実は引越しに最適な時期、いわゆるオフシーズンがあることをご存知でしょうか。引越し料金も安く、その他サービスが豊富な時期が一年のなかにあります。
では、引越しに最適な時期とおすすめを見ていきましょう。

一年で引越しの多い時期とは?

一年のなかでも人の流れが激しい時期があります。引越しは世の中の人の流れによって大きく変動します。人が移動するわけですから、卒業や入学、就職や転勤など別れと出会いの季節である3月、4月が一年のなかで一番多い時期と言えます。

 

さらには、8月や9月も人が流れる時期とされています。この時期は非常に引越しが多く、引越し業者の繁忙期と言えるでしょう。よってこの時期は、引越し費用を高く設定しても利用者が絶えないことからも、非常に引越し料金が高いですね。

 

また、引越しの前段階の物件探しもこの時期を外した方がベストです。不動産やも繁忙期となるために、ゆっくりと丁寧に対応を求めるようでしたらこの時期を外しましょう。

一年で引越の少ない時期とは?

一方で、1月、5月、6月、7月、11月、12月は人の大きな流れが少なく、引越し業者にとってはオフシーズンとなります。この時期は、引越し業者各社ともにバラエティに富んだサービスを打ち出し、費用を日頃より安く設定して顧客確保に精を出します。

 

3月、4月を避けてゆっくりと新生活を始めるひとは5月というのは非常に動きやすく、物件探しから引越しまでスムーズに進めることが出来るでしょう。

 

また3月で退去した物件も多く、5月頃の物件探しでは多くの空き物件を見ることが可能です。また、繁忙期からずれているために初期費用や引越し費用などの交渉に応じてくれる、対応してくれる可能性があるのも大きいですね。

 

5月はお天気の日が多いのも引越しには最適でこれもメリットですね。6月は、ジューンブライドで結婚ラッシュによる引越しもありますのでその点でも5月は良いですね。

 

残りの2月や10月も、場合によっては入学準備や転勤などで移動する人もいますが繁忙期に比べると落ち着いているので引越し費用はごく普通で一般的な値段になっています。

 

以上のように、一年のなかでも引越しの多い時期と少ない時期があるために、この時期の差で引越し料金にはおよそ1.5倍もの料金差が出るために軽視出来ません。

時期を急がなければ時期を選択してみては?

引越し自体が、入学や就職のようにライフステージによるものでなければ時期を急がずに人の流れが落ち着いている時期を選ぶことをおすすめします。また、一か月内でみると月末の引越しが多いようです。

 

それは、1日などの月初から入学、就職、転勤などで新しい生活がスタートすることが多いからです。どちらかというと、月初から中旬までの引越しが少ないためにこの時期を選択することをおすすめします。

 

そして、当然ながら土日・祝日よりも平日が、さらには休日の前日ではない平日がおすすめです。引越しの翌日も休日であってほしいという希望者が多いのですね。

 

引越しの翌日は、まだ生活が出来る状態にまで復元出来ていませんから、会社や学校があると作業に負荷がかかってしまいます。学生はともかく、社会人などは有給を利用して金曜日などの平日に引越し日を設定することがおすすめです。

 

ごく一般的な引越し開始時間はだいたい午前9時頃から開始して早めに終わりたいといった流れですが、実は午後や夕方の遅い時間にかけて引越しを開始するといった手もあります。引越し料金も遅い時間帯の方が安い設定になっていることが多いです。

 

以上のような、混雑していない時期というように穴場的な時期、時間帯を選んで引越しの計画を立てることで予算よりも安く引越しを済ませることが出来ます。

 

急がない引越しでしたら、天気なども調べておいて良い天気の日を設定するのも良いでしょう。物件探し、引越しともに楽しんで出来る工夫をしながら、不動産屋や引越し業者とのコミュニケーションをしっかりととることが大切ですね。

引越しの時期設定の注意事項

以上、引越しの最適な時期を年間通して見てきました。引越しの時期で大切なことはご自身が納得の引越しが出来るかどうかといったところですので、ご自身の希望がかなうように進めてみてください。

 

注意が必要なことは、賃貸物件の契約解除の時期と契約時期で家賃を二重に支払うことのないように入居可能日、転居後の家賃発生日などを明確にしておくことが大切です。

 

これらを踏まえて、物件選びから見積り、交渉、引越しのタイミングを考えて設定することをおすすめします。ご自身にとってベストなタイミングをよく検討しながら、後悔と負担のない引越しをすることが理想です。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ