MENU

引越し費用はどれぐらい?相場と引越し総額

引越し 費用

 

引越しには相当お金がかかります。引越しの費用はいったいどれぐらいかかるのでしょうか。引越し費用の大半は、引越し業者に渡す費用ですから、依頼する引越し業者を選ぶことが一番大切です。

 

また、抑えられるところは抑えるなどといった工夫をしながら引越しをしたいところですね。大手の引越し業者は全国展開していることからも、料金設定が一律で決まっているような印象を受けますが実はそうではないことをご存知でしょうか。

 

引越し費用は引越し状況によって交渉することも可能です。ここでは、引越し費用の相場と総額を見ていきたいと思います。

引越し費用の相場は?

繁忙期を除く、ごく一般的な引越しでの相場を見ていきましょう。

  • 単身の引越しは3万円から6万円
  • 家族の引越しは8万円から15万円

と、だいたいこの程度が引越し費用の相場となります。これらの引越し料金はオープン価格といって、一応提示してあります。引越し業者を選択する際は、数社から見積りを取りそれぞれ比較して検討するなかで交渉が確立します。

 

ネットの一括見積りサイトを利用することで、無料で見積りと比較が可能です。この交渉次第で1万円〜多くて5万円ほど引越し料金を抑えることが出来ます。

 

業者をいくつか調べて相場を知っておくことで、実際に交渉のしようがありませんし値下げしてくれたとしてもどれぐれいお得になっているのか、それともお得になっていないのに喜んでいたりなど判断が付きません。

 

このようなことからも、見積り、比較、交渉は引越しには欠かすことが出来ない大切なことです。引越しの費用の大半は、引越し業者に手渡すお金ですからここで金額を抑えることは総額を抑えることに繋がりますから、値引き交渉がポイントですね。

交渉は余裕をもって

引越しは何かと忙しない時期に多く、急な転勤などはとくに早く業者を決めなくてはならないのは当然です。しかし、あまり急いで早く決めたいといった印象を業者に与えてしまうのは、値引き交渉にはマイナスです。

 

早く決めたい客には、高めに価格設定してきます。ここで急いでいる感じを与えてしまっては交渉すら出来ません。引越し見積り交渉と引越し業者の選定には、少し余裕をもって交渉することで費用をぐっと下げることが可能です。

引越しにかかる総額は?

世帯の引越し費用の総額予算はだいたい20万円といったところでしょうか。引越し費用の総額は、引越し業者が見積もった費用に大型家電のリサイクル処分でかかる費用、お世話になった方々へのお礼と新居の近隣へのご挨拶品、業者へのお茶や引越し当日に食べ家族の外食代や買い出し分の費用などその他もろもろかかります。

 

業者の見積りは、荷物の量や作業人員、搬出搬入の手間、移動距離、その他オプションサービス利用などで決まります。この見積りの時点で、よく打ち合わせすることで追加料金は発生しないでしょう。

 

費用を抑えるところは抑えることと、やはり引越し業者の見積りを安く抑える努力が総額を抑えることに繋がります。

引越し費用を節約する方法とは?

引越し自体の費用を安く抑えるポイントを見てきましたが、さらに引越しにともなう節約を見ていきましょう。

礼金を抑える

まずは、新居の家賃、とくに礼金の安い物件を選ぶといったことが節約の大きなポイントです。礼金とは賃貸契約する時に支払うお金で、前もって用意しておかなければならないお金です。

 

さらに、退去する際に戻ってこないお金ですから馬鹿に出来ません。礼金は、支払ったまま戻ってこないお金ですから安い物件を探すことをおすすめします。まとまった額の礼金を安く抑えることは、引越し時の大きな節約です。

不要品は買取店へ出す

不要になった大型家具や小型家具、家電製品、おおきなピアノなどは小額でもなるべく現金化することで節約になります。そのほか、本やDVD、CD、ゲーム、ブランド品やアクセサリー、鞄などご自身で運んで替えられる物はお金に替えてもらいましょう。

 

リサイクルショップやピアノ買取専門店などに連絡して早めに買取手続きをしましょう。

荷造り、荷解きを自分でする。
トラックのサイズを小さく出来ないか交渉する。

もしくは、荷物の量をどれぐらい減らしたらトラックを小さく出来るか相談すること。

荷物が少ない場合は単身パックなどを利用する

荷物の量によって、もし少ないようであれば二人の夫婦や親子など単身でなくても単身パックを利用する。

日にち・時間指定を使わない

日にち指定、時間指定をせずに引越し業者の相手いる日程に入れてもらうことで料金を安くしてもらう。

ポイントを貯めながら引っ越し

引越し業者の取り扱いポイントを調べて、ポイントを貯めながら引越しをする。

鉄道貨物輸送サービスを利用してみる

荷物だけの輸送であれば鉄道貨物輸送サービスを利用してみるのも良いでしょう。こうすることでトラック運転や作業人員などの人件費をかけることなく荷物を輸送することが出来ます。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ