MENU

気付いてからではもう遅い!悪質引越し業者の手口と対策とは?

悪質 引越し業者

 

引越しとトラブルはつきものと言われますが、引越しと言えば自身の拠点を移動するわけですから一大事です。各種手続きが多く、引越し費用もかさみ極力費用を抑えたい心理が働きます。

 

実は、大手引越し業者や人気の中小引越し業者に紛れて、引越し業者と偽って詐欺や騙しをしてまわる悪質業者がいます。この悪質業者の手口に引っかかることのないよう、かれらの手口と対策を見ていきましょう。

悪質引越し業者の手口とは?

はじめての一人暮らしや上京などは、悪質引越し業者にとっては絶好のカモです。とくに長距離の引越しは悪質業者が依頼主に高額請求をかけられるチャンスとも言えます。

 

そんな悪質業者には引っかからないようにしなければなりません。では、いったいどんなところに気を付ければ良いのでしょうか。

 

他の業者とは段違いの格安料金を提示している引越し業者

「引越し一括3万円」などのうたい文句でお客を釣るような、誇大広告や誇大表現には注意しましょう。これで人を集め、あらゆる難付けをし追加料金を発生させ、高額費用を請求してきます。

 

「標準引越運送約款」を提示しない、または提示出来ない

引越し業者が見積りを提示するときには、一般的に説明のなかで「標準引越運送約款」を提示してくれます。悪質引越し業者の場合、国土交通省の正式な許可をもらっていないために、この約款の提示を拒みます。

 

妙にこの約款を避けている印象を受けたときは敢えて約款について聞いてみましょう。これだけでも、悪質業者かどうかの見極めが可能になります。

 

見積り書があいまい

見積り書の内容があまりにも曖昧の場合は、悪質業者を疑いましょう。とくに大事な業者番号や許可番号、事業者名、詳細な作業内容、担当者、電話番号などの必須事項が曖昧で記載がないものは信用出来ません。

 

妙に追加料金が多い

引越し作業に入ってからの追加料金の発生があまりにも多い場合、そしてその事由が納得のいかないものであれば悪質引越し業者を疑いましょう。

 

追加料金は、最低限に抑えるべき問題で双方の取り組み次第で抑えることが可能です。業者側の見積りの甘さと依頼主への追加料金における説明不足などが原因で追加料金による業者とのトラブルは多いようです。

 

しかし、あまりにも納得のいかない追加料金を強要するような業者は悪質業者として疑って良いでしょう。

 

見積りだけなのにほぼ契約済みのような態度を取る

見積りだけお願いしたはずが、すでに段ボールを持参し置いていこうとする業者やすでに契約済みのような態度で振る舞う業者は信用出来ませんね。

 

緑や黒のナンバープレート以外はNG

国土交通省、陸運支局から正式に許可をもらっている引越し業者のトラックナンバープレートは緑色のナンバープレートを携行しています。軽トラは黒色のナンバープレートです。

 

引越し業者のナンバープレートが黄色だったり、白色の場合は正式な許可を得ずに引越しビジネスをしているという印です。繁忙期のみ、陸運支局の許可のもとで黄色や白色のナンバープレートと許可証提示で引越し業を行う業者がいます。

 

それを除いて、黄色や白色のナンバープレートの業者は確実に悪徳引越し業者です。さらに、逆切れするような業者は明らかな悪質引越し業者です。

 

保険の未加入

引越し業者のほとんどが正式な許可を得ています。そして、すべての業者がトラブルやアクシデントによる損害補償のために保険に加入しています。しかし、悪質引越し業者は保険に未加入のためにいざ何かトラブルがあると全く損害補償してくれません。

 

それどころか、依頼主に損害請求を指し出してきます。見積りを依頼して提示してもらうときには、保険に加入しているかどうかを確認するとよいでしょう。

 

高額プランで契約を迫る

とにかく契約をさせたがる、しかも高額プランで契約を強要する、迫ってくる場合は悪質業者を疑いましょう。というように、このような明らかな特徴があります。

 

とくに、悪質引越し業者の狙いは高額請求ですので、引っかかってしまったら高額請求のカモになってしまいます。見積りの段階からよくチェックをし、直接確認出来ることは確認するようにしましょう。

 

悪質引越し業者に引っかかったときの対策は?

明らかに悪質引越し業者に引っかかってしまった場合は、速やかに消費者センターに相談しましょう。トラブルの原因を客観的に冷静に教えてくれると同時に解決策を提示してくれます。

 

それでも業者側の非があまりにもひどすぎる場合、納得がいかない場合は全日本トラック協会に連絡を入れましょう。

 

業者による暴言や悪質な請求、要求などをすべて記録しておくか、記憶しておき提示出来る証拠があれば画像などに撮って残しておきましょう。悪質引越し業者は、とにかく金が目的でいかに高額請求するかに固執しているので注意が必要です。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ