MENU

自力でするより業者の方がお得!?一人暮らしの引越しで気を付けること

引越し 一人暮らし

 

初めての一人暮らしや単身赴任、転勤など一人暮らしの引っ越しは非常に増えています。それに伴い、引越し業者による単身パックをはじめとする単身プランのサービス提供が増えてきました。

 

一見身軽そうな一人暮らしの引越しですが、荷造り、荷解き、各種手続きなどやることは変わりません。一人暮らしの引越しでの注意点を見ていきたいと思います。

一人暮らしの引越しは自力?業者?

一人暮らしの引越しは、荷物もそんなに多くもなく家具や家電も最小限度で済みます。引越し費用を安価に抑えたいと考えている人は、レンタカーを借りて自力で引越しをしようとします。

 

自力で引っ越しする場合は、レンタカーを借りて、友人や知人に手伝ってもらう必要があります。近隣への挨拶や手伝ってくれた人たちへのお礼や食事代、レンタカー代など結果高額の費用がかかることになりかねません。

 

一方、業者に頼めば料金が一定ですし、荷物が少量であればあるほど費用は安く済みます。万が一トラブルや破損などがあっても業者が加入している保険で損害補償をしてくれますし、作業者にたいして気を使うことなくプロとして接する事が可能です。

 

単身パックを使えば安価で引越しが完了することからも、自力で引っ越すことは費やす時間や労力に対してかかるお金の負担は大きいと言えるでしょう。

一人暮らしの引越しで注意したいこと

一人暮らしの引越しは、ついつい共同作業者がいないために準備がマイペースになりがちです。とくに荷造りは、タイムスケジュールに組み込むなど工夫をしないとアッという間に時間が経ってしまいます。

 

普段使わないものから梱包していくにしても、荷造りは意外と大変なことです。引越し業者に頼む場合は、引越しの当日までにはすべての荷造りを終えておかなければいけません。

 

とくに、働いてずっと家を留守している状態で引越し準備を進めなければならないのは非常に大変な作業です。自分一人の荷物だけだから、こんなものすぐに出来るだろうといった安易な考えが作業のペースを遅くさせてしまいます。

 

荷造りが間に合わずに業者にやってもらう事態になると、当然追加料金として請求されてしまいます。かかる費用を極力抑えたい一人暮らしにとっては大きな痛手です。

 

引越し業者に支払う引越し費用は、依頼主側の工夫と努力次第でどれだけでも金額を抑えて節約することが出来ます。引越しの準備スケジュールを効率良く立てること、そしてそれに則って実際に動くことが大切です。

一人暮らしの引越し、挨拶はしなくて良い場合がある

普通、ファミリーの引越しの際には転居に際して近隣住民に引越してきた挨拶をして回ります。菓子折りか粗品をもって、挨拶に伺い顔を合わせこれから御世話になる旨を伝えます。ここから、新居の新生活がスタートする大事な挨拶として丁寧に行います。

 

しかし、一方一人暮らしの引っ越しにおいては引越し挨拶をしなくて良い場合があると言って良いでしょう。とくに、女性の一人暮らしではわざわざ「私はここに一人暮らしをしているんです」なんて大っぴらに宣言して知らしめる必要なんてありません。

 

かえって、どんな人が住んでいるのか分からないぐらいでちょうどいいといったことがありますから。女性の一人暮らしで気を付けたいのは、やはり防犯ですね。不審者の対策も万全にする必要があります。

 

それでも、引越しの挨拶をした方が良いのでは?などと疑問の気持ちが消えないようならば大家さんか不動産管理会社に訪ねて、近隣にはどんな人が住んでいるのか、挨拶をした方がいいのかを相談してみてみることをおすすめします。

 

どんな人が住んでいるのか知った上で挨拶に伺って、顔見知りになってもらうのはとても良いですね。とくに一軒家での生活では大事なことですね。緊急災害時なども、気にかけてくれる近隣住民がいてくれるのは心強く大切なことです。

 

また、ワンルームマンションやアパートなどの一人暮らし用賃貸に引越した場合、また都会のアパートなどでは挨拶は必要ないと感じるケースが多いです。とくに都会では、近隣との人間関係は深く作らない風潮があり隣の部屋にどんな人が住んでいるのか分からないといったことがごく一般的です。

一人暮らしの引越し費用の相場

一人暮らしの引越しにかかる費用は一般的に40,000円〜60,000円と考えて良いでしょう。この中でいかに節約出来るかといったことは、工夫が必要です。単身だからといって単身パックがお得なのか、または違ったプランがお得なのかは人それぞれなので、複数の引越し業者による見積りを取ることが必須ですね。

 

どこのどのプランがお得なのか、自身の引越しが納得のいく引越しとなるように事前の調査と検討、準備の工夫が必要です。荷造り、荷解きだけでなく各手続きも全部自分で行わなければならないので効率あげて進めていきたいですね。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ