MENU

引越し後に必要な手続き・役所関連

引越し後 手続き 役所関連

 

引越しが完了した後に、新住所の市区町村役所で必要な手続きがたくさんあります。引越し後は、なにかと後片付けもままならないうちに新しい生活が始まってしまいます。

 

前に進みながら、慣れていくといった慌ただしい時間を過ごすことになるでしょう。慣れない新生活をスムーズに開始出来るように、転居後の必要な手続きを知っておく必要があります。

 

引越し後に必要な役所関連の手続きは、手続き可能な期限が決められています。これらの期限はあっという間に過ぎてしまいますから、熟知して引越し後のスケジュールに上手に組み込むことをおすすめします。

 

ここでは、引越し後に必要な役所関連の手続きを見ていきましょう。

引越し後に必要な手続き

転居前に転出届を提出した際に引き換えに受け取った「転出証明書」が必要になります。ほとんどの手続きで必要ですので引越しの最中も大切に保管しておきます。

転入届

引越しが完了したら、まずは新住所の市区町村で転入届を提出します。このときに転出証明書を提出します。転居後14日以内に手続きをします。

印鑑登録

無事に転入届を提出し手続きを終えたら印鑑登録手続きを行います。もちろん、登録する印鑑が必要です。

国民健康保険

国民健康保険の手続きも、引越し後14日以内に行う必要があります。国民健康保険加入者は異動届けを提出します。一方、引越しと同時の加入希望者は国民健康保険加入手続きを行います。

 

国民健康保険と印鑑、身分証明できるものが必要。転入届を提出したあとにそのまま国民健康保険窓口に出向くと時間短縮出来ます。

 

退職によって職場の健康保険から外れた人は、家族の被扶養者になる場合は除いて国民健康保険への加入が出来ます。家族の被扶養者になる場合は、収入条件を満たさなければいけません。

国民年金

国民年金の手続きは早急にした方が良いので、転入届の提出後に一緒に手続きしていましましょう。年金手帳を持参します。

 

退職と共に引越しをする場合は、会社の厚生年金の被保険者の資格を喪失します。一般的に、国民年金の1号被保険者となるために市区町村役所の窓口において手続きを行います。

  • 児童手当、子ども手当
  • 乳児医療
  • 保育園への申し込み、入園手続き
  • 子育て支援、各種支援、助成金申請登録変更

これら子どもの福祉、教育、手当については市区町村役所の学校教育、児童福祉課が窓口になります。児童手当は所得証明書、預金通帳など、印鑑、年金加入証明書が必要です。

老齢年金・老人医療

高齢者福祉に関しては、市区町村役所の介護福祉課が窓口です。

住民票の写しの請求

住民票の写しが必要な場面が数多くあります。就職や車の購入、都営、市営住宅収入報告、自動車の住所変更、登記などの手続きには住民票の写しが必要ですので必要に応じて請求して受け取っておきます。

外国人の人は居住地変更登録

外国籍の人が対象ですが、転居後14日以内の間に外国人登録証明書を持参し、居住地変更届けを行います。

原付自転車の登録変更届

原付自転車(125t以下)の場合は、転居前の役所で廃車手続きを行った上で、新住所で登録手続きを行います。ナンバープレートと認印が必要です。
同じ市区町村内での引越しの場合は原付自転車の登録変更を行う必要はありません。

自動車の住所変更に必要な住民票請求

基本的に自動車の住所変更は、引越し後に行います。手続きは役所ではなく、転入先の運輸局の運輸支局、事務所で住所変更手続きを行います。

 

手続きに、車検証、車庫証明、印鑑、使っていたナンバープレートとともに住民票が必要です。この住民票を役所手続きのときに一緒にもらっておきましょう。

 

以下の必要書類を持って市区町村役所に出向けば大丈夫といったものを挙げて見ましょう。

  • 転出証明書
  • 印鑑
  • 実印
  • 身分証明書(運転免許証またはパスポート)
  • 国民健康保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 銀行口座の分かるもの
  • 原付の場合は、以前のナンバープレートと車検証
  • 前年度の住民税課税証明書、所得証明書

引越し後に必要な手続きがインターネットで

以上、役所関連にしぼって引越し後に必要な手続きを取り上げてきました。最近では、インターネットでの手続きが可能になって来ました。各市区町村のホームページにアクセスすると、各種手続きが出来るかどうか明示されていますので確認してみましょう。

 

家にいながらインターネットで手続きが出来たら、時間短縮、労力短縮で便利ですね。また、必要書類や手続き期限などの記載がありますから参考にしましょう。

 

引越し後は、後片付けから近所への挨拶、新生活のスタートに慌ただしい時間が流れます。手続き期限に注意しながら、スケジュールに入れ込みスムーズに引越し後の手続きを済ませましょう。

 

必要書類が一つでもないと、その日は手続きが出来ませんから良く準備して一日で役所関連の手続きを済ませましょう。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ