MENU

引越しは意外と大変!?引っ越しの準備・手順と方法

引越し 準備

 

引っ越しの準備は、相当な時間と労力を要します。効率よく、また負担なく引越しの準備を進めたいものですね。引越しの手順と方法を把握することと引越しの流れを理解することがとても大切です。

 

また、タイムスケジュールにそって準備を進めることで計画的に、より効率的に進めることが出来ます。では、引越しの準備で大切な手順と方法を見ていきましょう。

 

引越し業者を決定する

引越しが決まって、いざ何から準備すれば良いかと困惑することもありますがまずは引越し業者を決めることから始めます。

 

引越し業者に見積りを取り、各業者を比較、検討して決定します。このように、引越し希望日に引越しが出来るようにまずは業者を決めます。

 

新居決定と住居環境の下調べ

住居購入による引越しであれば、引越しがスムーズに完了出来るように家の前の道幅やエレベーターの有無、間取り、駐車場などを今一度確認して業者にも詳細伝えるようにします。

 

そうでなく、転勤などで引越しすることが先に決まった場合は新居探しからしなければなりません。ライフスタイルに合った、今までと生活が大きく変わらない住環境を探します。新居を決定することと、新居の下調べ、引越しに必要な情報を整理し引越し業者に伝えます。

 

賃貸住宅の契約解除手続き

引越し日が決まった時点で、早めに管理会社や大家さんに転居の連絡を入れます。賃貸契約書の、解除予告告知の期限を確認してその日数以内に契約解除の手続きをしましょう。これを守らないと、必要以上に家賃を支払わなければならなくなります。

 

粗大ごみと大型家電処分

引越しに伴う粗大ごみと大型家電の選別をします。新居に持ち運ぶものと、引越し時に処分するものを選びます。

 

粗大ごみ回収には思いのほか、日数がかかることがありますので早めの連絡をしましょう。また、家電は家電リサイクル法によって自治体では回収してもらえないので、購入家電店もしくは不用品買取業者に連絡して買い取ってもらいましょう。

 

参考:引越しの際に不用品は買い取ってもらうのがおすすめ!

 

荷造り開始

引越し日と引越し業者が決まれば、計画的に荷造りをし始めます。思っている以上に荷造りには時間がかかるので少しずつでも着々と作業を進めることをおすすめします。

 

荷造りが思うように進まないと、焦りが出てくるので処分しながら段ボールを一つずつ増やすように荷物を作っていきます。使う予定がないものから順にしまっていきましょう。

 

参考:計画性が大事!引越しの流れとタイムスケジュール

 

転校届

引越しが決まった時点で、子供の通う幼稚園や学校にお知らせします。子供には、あまり生活が大きく変わらないように引越し準備中もそのまま学校に通わせて学校生活を送らせてあげましょう。

 

固定電話とインターネット移転手続き

家の固定電話とインターネット移転の手続きをします。固定電話とセットでネット利用している世帯では同時に移転手続きが出来ます。新居での設置工事がスムーズに行くように早めの手続きをおすすめします。工事手配に時間が2〜3週間ほどかかることがほとんどです。

 

参考:引越しで必要な移転手続き、固定電話と携帯電話
参考:引越しにおけるインターネットの移転手続きとは

 

電気・水道・ガスの停止手続き

電気・水道・ガスの停止手続きをします。引越し日を伝えてその日に停止してもらうように連絡します。

 

参考:引越しにおける手続き・水道・ガス・電気などの生活欠かせないライフライン

 

NHK・ケーブルテレビの移転手続き

NHKやケーブルテレビの移転手続きを行います。場合によってはケーブルテレビなどの取り外し、設置工事が必要なので早めに連絡を入れましょう。

 

参考:引越しに際するNHKの手続きに必要なこと

 

郵便物の転送手続き

郵便物が転居前の住所に届いても、希望日から1年間転居後の住所に届くといったサービスがあるので、郵便局窓口もしくはホームページで住所変更の手続きをしましょう。

 

定期配送サービスの住所変更や解約手続き

新聞やヤクルト、牛乳や食材宅配サービスなどの定期配送サービスの住所変更や解除手続きをします。引き続きサービス利用する場合は住所変更、利用が不可能な場合は解除手続きになります。

 

転出届・転入届手続き

自治体で必要な手続きをします。自治体や各世帯によって異なるので相談しながら手続きしましょう。

 

参考:引越しに際して欠かせない転出届について

 

引越し前日にしておくこと

  • 冷蔵庫の水抜きをしておきます。引越し当日にスムーズに搬出が出来るように前日には中身を空にしてコンセントを抜き、水抜きをします。
  • 家電製品の配線を取り外す。
  • 近隣住民に明日早朝から引越し業者が来て、騒々しくご迷惑をおかけする旨を伝えお世話になった挨拶をしておく。
  • 各部屋の最終確認を行う。
  • 当日もまだ使うものは、別にしておきまとめておく。

 

まとめ

以上、引越し当日までの準備を挙げてみました。引越し当日は、作業開始時間になると業者の人たちが来て即搬出作業が開始します。

 

この時点で、荷造りが完了していないと時間も余分な料金もかかってしまいますのでせめて前日までには荷造りなど完了している状態にしましょう。とくに食べることは毎食必要なことなので、食材などの処分や整理が難しいですが上手に食べながら整理することですね。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ