MENU

引越し当日に注意したい追加料金とは?

引越しトラブルでも大きな原因となる「追加料金」ですが、引越しにおける見積りを上回る追加料金が当日発生することがよくあります。

 

これは、不測の事態との認識で仕方のないことだと割り切ることが出来ればよいのですが、当日に予算をオーバーしてしまうっていう事柄自体がなかなか受け入れがたいことですね。

 

この追加料金がトラブルになる原因には二通り考えられます。それは、事前の見積り契約時の業者による説明不足。もう一つは、不測の事態が起きるといったこと。

 

いずれも、依頼側の準備不足と業者側の見積りの甘さが原因していると言えるでしょう。では、当日発生する追加料金について見ていきましょう。

追加料金が発生する事項とは

追加料金が発生してしまう事態というのは、見積り時や予定にはなかった想定外のことが起きたときに、余分に作業人員を必要としたり専門梱包資材や特殊な運送方法を必要としたり、依頼側の準備不足によって時間が大幅に遅れてしまったなどというように、時間、人員、作業労力、資材などに追加料金が発生していきます。

特殊な荷物を申告していなかった場合

見積り時に、特殊な荷物を申告していなかった場合は追加料金が発生してしまう可能性があります。引越し業者はなんでも運んでくれるといったイメージがありますが、実は骨董品や絵画、美術品、ペット、観葉植物などは引越し業者が運べないといった「標準引越運送約款」という契約条項が存在します。

 

この契約条項に記載のあるものは運送の際の特殊な管理が必要で、他のものと同じように運送することが不可能なものがあります。また、これらの運送拒否を示す権利があることを知っておく必要があります。

 

しかし、これも見積り時に営業マンの方から確認することが重要ですね。依頼主は、そこまで専門的に知識がありませんから説明が必要です。

 

よって、ペットや植物などを運搬するためにはオプションサービスを提供している業者が多く、これが見積り書に入っていないとすれば当日の追加料金として請求されてきます。

 

また、ピアノなどの大型楽器も引越し業者ではなく大型楽器搬送専門業者がいるのでどのように運ぶかといった運搬方法を事前に確認し合うことが必要です。

道幅、家の玄関幅、階段などしっかり伝わっていない場合

道幅が狭いことでトラックが通れなかったり、止められないなどのアクシデントや家の玄関幅や窓のサイズ、階段、エレベーターの有無などによって、運搬方法に苦戦したり人員が必要としたり、使用するトラックにも関係してくるためにこれらのサイズはしっかりと伝えておきましょう。

 

こういったアクシデントのために、余分な時間、労力、人員を費やすことのないよう事前の打ち合わせは非常に大切です。

 

しかし、なかなか口頭で説明しても伝わり切らないので訪問見積りなど業者に実際見積りに来てもらうことが一番良いでしょう。そこから判断するのは業者側ですから、しっかりと見積ってもらうことと確認し合うことで追加料金発生を防ぐことが出来ます。

依頼主側の準備不足

引越し当日になっても荷造りが終わっていなかったり、冷蔵庫の整理と掃除、水抜きが終わっていなかったりと依頼主側の準備不足によって時間が超過してしまう場面がよくあります。

 

業者側による梱包作業は、有料サービスですから注意が必要です。最低限、引越し当日に業者が到着するまでに荷造りは済ませておきましょう。

トラックに乗せられる分だけの荷物を運ぶ「積み切り」

トラックでの運搬には、そのトラックに乗せられる分だけ運ぶという「積み切り」といたことが契約内容にあります。用意したトラックに載せきれない荷物分を運ぶには追加料金が発生します。追加のトラックが空いていれば良いですが、空いていないと運んでもらえませんので事前の打ち合わせが必要です。

エアコン取り外しや設置工事

エアコンの取り外しや設置工事も専門工事が必要なので専門業者に依頼する必要があります。しかし、引越し業者のなかにはエアコンの取り外しや設置工事を請け負う業者も増えており有料サービスとして実施しています。

 

しかし、ただの工事にとどまらず例えば配管が腐っていたり、弱っているなどでエアコンが壊れかけ、配管が使えないなどといったアクシデントに遭遇した時点で追加料金が発生してきます。

 

このような不測の事態は仕方ないとはいえ、これらが当日の追加料金になってくるので理解が必要ですね。

追加料金によるトラブル回避方法とは

追加料金の発生とそれに伴うトラブルは双方の不足が考えられます。業者側の説明不足、認識不足、見積りの甘さ、緊急性の優先順位などがしっかりとなされていないこと。また、依頼主側の準備不足、認識不足が原因の場合もあります。

 

業者側にはしっかりと正確な情報を伝えることと、追加料金がかかる条件を認識しておくこと、準備は当日までには完了して業者を迎えることなどに注意する必要があります。

引越し料金を少しでも安く抑えたいならココ!

メニュー

このページの先頭へ